下肢静脈瘤あれこれ情報 東京都 下肢静脈瘤 治療:下肢静脈瘤について東京 両国あしのクリニックからの情報発信

Home > 医療情報 > 下肢静脈瘤治療の流れ~弾性ストッキング1~

下肢静脈瘤治療の流れ~弾性ストッキング1~

弾性ストッキングは大きく分けて・・・

1、ハイソックスタイプ

2、ストッキングタイプ(太ももまでの長さの物)

3、パンストタイプ(妊婦さん用の物もあります)

それぞれのタイプの中でも、つま先が開いている物(open toe)や、

つま先が閉じている物(closed toe) があります。

写真をご覧ください↓

<img alt="RIMG1745.JPG" src="http://www.varixlog.com/RIMG1745.JPG" width="480" height="640" />

<img alt="RIMG1746.JPG" src="http://www.varixlog.com/RIMG1746.JPG" width="480" height="640" />

<img alt="RIMG1747.JPG" src="http://www.varixlog.com/RIMG1747.JPG" width="480" height="640" />

圧力も様々で、下肢静脈瘤の治療に用いるのは20~40mmHg(20~53hPa)です。

下肢静脈瘤の病態により、医師が適切なものを処方します。

 

 

2011年09月18日