下肢静脈瘤あれこれ情報 東京都 下肢静脈瘤 治療:下肢静脈瘤について東京 両国あしのクリニックからの情報発信

« 2006年10月 | メイン | 2006年12月 »

2006年11月27日

下肢静脈瘤とは?

おはようございます。
お久しぶりです。一週間ぶりの更新になりますが…皆さんお変わりありませんか?
今日は一段と寒いですが風邪などひいていませんか?
朝晩の気温の変化が激しいので体調を崩さないように気をつけましょうね。
さあ今日も元気に発信します。

下肢静脈瘤はどのような病気なのでしょうか?
静脈瘤は脚の静脈の弁が正常に機能しなくなり、血液が逆流・うっ血を起こして脚の循環が悪くなる病気です。
脚の静脈に血液がたまってしまうので、だんだん静脈は太くなったり蛇行します。
はじめのうちは静脈が拡張・蛇行するだけですが、だんだんひどくなると、脚が重くなる、疲れやすくなる、張る、痛くなる、むくむ、つるなどの症状がでてきます。さらに重症になると脚の血液循環が悪いので皮膚炎を起こしたり、皮膚が茶褐色となり固くなってしまったり、潰瘍になってしまう場合もあります。
あまり悪くならないうちに専門医の診察をお受けすることをお勧めします。

投稿者 ikumei : 19:47

2006年11月22日

日常生活での心がけ

おはようございます。
東京は今朝も暖かいです。北日本は寒いみたいですが…風邪ひかないでくださいね?
私は、インフルエンザの予防接種しましたが、皆さんはどうですか?
気温の変化が激しいので体調管理には十分気をつけましょうね!!
さあ今日も元気に発信します。

下肢静脈瘤の方の日常生活で心がけについてお話しします。
1)長時間じっと立っていたり、座り続けることはできるだけ避けてください。
2)適度の運動を心がけてください。
3)脚を清潔に保ちましょう。
4)太りすぎないようにしましょう。
5)寝るときは脚を高くして寝ましょう。
6)弾性ストッキングを着用しましょう。
下肢静脈瘤をお持ちの方は以上のことに気をつけて、なるべく脚のうっ血が起こらないように注意してください。

投稿者 ikumei : 19:42

2006年11月21日

弾性ストッキング

おはようございます。
今日は晴れです。気温も暖かくてうれしくなりますね?
洗濯物も外に干せるし…お布団もいけるかなぁ?
そろそろ、毛布も出したほうがいいのかなぁ~?私は大丈夫だけど…
週末、天気がよかったら考えよ…
さあ今日も元気に発信します。

下肢静脈瘤の治療のなかで、弾性ストッキングで圧迫して静脈のうっ血や逆流を防ぐ治療法があります。
ここで使われている医療用の圧迫ストッキングは、通常市販されているサポートストッキングとは異なります。
サポートストッキングは健康人を対象として、脚のむくみや疲れを予防するためのものですが、医療用の圧迫ストッキングは、特に静脈疾患治療用に製造されたものです。
治療用弾性ストッキングは医療用具のため、からだに合ったサイズの選択やコンプレッション(圧力)の選定がとても重要です。
選定やフィッティングにあたっては、やはり血管外科専門の先生や、ストッキングの専門知識・資格を有するストッキングコンダクターに相談することが大切です。

弾性ストッキングパンフレットご希望の場合は、140円切手同封のうえ、ストッキングコンダクターが常駐している当クリニックまで請求ください。

〒130-0021 東京都墨田区緑3-17-11 両国あしのクリニック

投稿者 ikumei : 19:45

2006年11月18日

水曜日は

おはようございます。
昨日は暖かかったのですが、風が強かったですね?ビュービュー大変でした。
でも、今日は雲一つない青空ですが…
穏やかな天気がいいですね?
さあ今日も元気に発信します。

今日は水曜日です。
午前中(9:00~11:00)は、まだ下肢静脈瘤と一度も診断を受けたことのない方が、確定診断を受けていただく為に予約なし受診できる日となっています。
当日は血管外科の専門医ではなく、外科の医師による確定診断となりますので、検査・治療等はおこなっていません。
水曜日の受診をご希望の方は上記のことをご確認のうえ診察をお受け下さい。
またご質問等がありましたら、お気軽に下記にお電話ください。
電話:03-5625-8486

投稿者 ikumei : 19:49

2006年11月06日

局所麻酔

おはようございます。
三連休明けの月曜日ですが皆さん疲れは残っていませんか?
私は…休みは昨日だけだったので疲れは残っています…
なんか寝ても寝ても回復しないんですよね?これは年なのかなぁ~
さあ元気をだして今日も発信します。

レーザーストリッピングは局所麻酔で行われますが、通常の局所麻酔ではなくTLA法という麻酔で行われます。
1.TLA麻酔とは?
大量の低濃度局所浸潤麻酔(TLA法)と呼ばれ、もともと日帰りで脂肪吸引をするために開発された麻酔法です。1/10程度に薄めた局所麻酔薬(エピネフリン添加低濃度キシロカイン)を使います。特殊な薬品ではなく、日本中で広く使われているキシロカインEという薬とメイロンという薬を混ぜ合わせて作ります。ふつうは20~40ccのところ、500cc以上使うことができます。大量に使えるので広い範囲が麻酔でき、出血を抑える効果があります。しかも麻酔効果が約18時間と長く続き、治療の翌朝まで痛みを抑えます。
麻酔はすべて医師が行い、超音波で静脈を観察しながら正しい位置に必要最小限の量の麻酔を行います。

投稿者 ikumei : 19:52

2006年11月02日

レーザーの傷跡は?

おはようございます。
朝は青空が見えていたんですが…だんだん曇り空になってきましたね?夕方に、にわか雨があるみたいですが…傘もってきましたか?
濡れて風邪を引かないようにきをつけましょうね。
さあ今日も元気に発信します。

レーザー手術の傷跡についてお話しします。
エンドレーザー法は従来の手術にと比べ傷跡は小さく目立ちませんが、レーザーファイバーをどこからか血管の中に入れなければならないので、まったく傷跡が残らないということはありません。
傷の大きさでは…!?
《穿刺法(ファイバーを細い針から入れる)》
最も小さく(数ミリ)、ほとんど傷は目立ちません。(体質によって多少盛り上がって見える場合あがあります。)
《小切開法》
傷口は約1cmになりますが埋没縫合を行うのであまり傷は目立ちません。
《高位結紮術》
傷は3cmと最も大きくなりますが、切る場所が足のつけねのしわの部分ですのでほとんど傷は見えなくなります。しかも足にはまったく傷をつけませんので、3つの方法の中では最も目立ちません。

投稿者 ikumei : 19:54

2006年11月01日

お返事

おはようございます。
今日も穏やかな秋晴れですね。明日は少しくずれるみたいですが…
今の季節は過ごしやすくてうれしいです。
今日から11月です。寒くなって?くるので体調管理にきをつけましょうね。
さあ今日も元気に発信します。

今日は「TOMO」さんからのコメントにお返事させていただきます。

大きな静脈瘤があると経膣分娩に支障をきたす恐れがある場合もあると言われていますが、正常に分娩されている方もいらっしゃるようです。ただ分娩に関しては産科領域のことですので、はっきりとは申し上げられず申し訳ありませんがこぶし大ほど静脈瘤が大きくなければ大丈夫という話を聞いたことがあります。
メールの内容からみるとご担当の先生に相談しにくい状況のようですね?もし可能であればセカンドオピニオンを別の産科の医師もしくは、助産師にもとめてみてはどうでしょうか?お産できる産科が減少している困難な現状ではあると思いますが、「TOMOさん」の満足のいくお産ができるように応援しています。

投稿者 ikumei : 19:55