下肢静脈瘤あれこれ情報 東京都 下肢静脈瘤 治療:下肢静脈瘤について東京 両国あしのクリニックからの情報発信

« 2006年08月 | メイン | 2006年10月 »

2006年09月28日

靴外来

おはようございます。
今日は雲ひとつない秋晴れです。今、銀行に行ってきたんですが…朝より日差しが強くなってきて少し歩くと汗かいちゃいました。
今日は雨でたまった洗濯物を外に干すチャンスです!明日はまた天気良くないみたいですからね。
さあ今日も発信します。

今日は第四木曜日です。
ここ両国あしのクリニックでは、今日の午前中は《靴外来》の日となっております。
外反母趾や偏平足などなど市販の靴があわなくて困っている方はいませんか?
足に靴が合わないと本当に辛いんですよね?昔より靴もいろいろなサイズができましたがでも自分の足に合わせて作った靴とは違いますよね?
そこで当クリニックでは、足と靴の専門医が足と靴のカウンセリングをし、医師の処方により、シューマイスターが、靴と中敷の調整をいたします。
毎月第2.4木曜日 AM9:00~AM11:30[予約制]になっています。
【足と靴でお悩みの方】は、一度お電話でお問い合わせください。
電話:03-5625-8486

投稿者 ikumei : 20:51

2006年09月27日

どんな人がなりやすいのでしょうか?

おはようございます。
昨日の夕方は大雨でしたね?短時間に大雨が降ったので千葉県の方では道路が冠水した所があったようですよ。
私もちょうど仕事が終わって帰るときに本降りになってきて、足元と傘を持っている手がびしょびしょになってしまいました。
今日もこれから雷雨になるみたいなので皆さん気をつけてくださいね。
さあ今日も元気に発信します。

下肢静脈瘤のはっきりした原因はまだわかっていませんが、次のような人に多いようです。
・全体的に女性の頻度は高い
・出産経験のある30歳以上の人
・血縁者に静脈瘤のある人
・長時間の立ち仕事、長時間座り続ける仕事に従事している人
・妊娠中の人
などです。
下肢静脈瘤は治療をしないでそのまま放置していくと徐々にですが、確実に進行してしまう病気です。あまり悪くならないうちに専門医の診察を受けることをお勧めします。

投稿者 ikumei : 20:59

2006年09月26日

筋ポンプ作用

おはようございます。
寒いです…急激に今日は寒くなっていますよね?雨も降るみたいなのでもっと気温が下がってきそうですね。
私の回りでも風邪引いている人が多いですが皆さんは大丈夫ですか?
気温の変化が激しいので体調管理には十分気をつけてくださいね?
さあ今日も発信します。

昨日は血液循環についてお話ししましたので、今日はその脚の血液がどのようにして心臓まで戻るのか?静脈弁と筋肉の働きについてお話しします。
脚の静脈には弁があります。この弁は血液の逆流を防ぎ、血液を常に上の方向に流す役割を持っています。
しかし静脈弁自身には積極的に血液を流す力はなく血液を上の方に押し出すのは主に脚のふくらはぎの筋肉の役目です。
ふくらはぎの筋肉は第2の心臓とも呼ばれ、筋肉が収縮する時に、脚の静脈を圧迫して血液を押し上げるのです。
これを筋ポンプ作用と呼びます。
このように静脈弁と筋肉ポンプ作用が協調して働いて初めて脚の血液は心臓まで運ばれているのです。

投稿者 ikumei : 21:01

2006年09月25日

血液循環

おはようございます。
連休明けの月曜日皆さんは疲れていませんか?運動会だった人も多かったのではないでしょうか?
天気も良くて絶好の行楽日和で出掛けた方も多かったのではないでしょうか?
さあ週の始まりです、今日も元気に発信します。

下肢静脈瘤は脚から血液が戻って来られなくなってしまうために起こる病気です。
そこで今日は血液の循環についてお話しします。
血液は体内を循環して、体の各部分に酸素や栄養を送ったり、また逆に各部分から二酸化炭素や老廃物を集める役割を果たしています。この血液循環を担っている器官が血管で、血管には動脈と静脈があります。
動脈は心臓から送り出された血液を全身に届けるパイプで、静脈は全身に送られた血液を心臓に戻すためのパイプです。
脚では、心臓のポンプ作用によって押し出された血液が動脈を通って足の隅々に送り出されます。血液は皮膚や筋肉などを通ってから静脈に戻ってきます。脚の静脈に入った血液は重力に逆らって足から心臓に向かって昇らなければなりません。その際重要な働きをするのが静脈弁と脚の筋肉です。

投稿者 ikumei : 21:04

2006年09月21日

お知らせ

おはようございます。今日も晴れです。
日に日に秋らしい季節になりましたね?
食べ物もおいしい季節になってきましたさんま・まつたけ・くり・柿などなどおいしいものがいっぱいです、うれしいよ~
でもあんまり食べ過ぎると…体が大きくなっちゃうんで気をつけましょうね?
さあ今日も元気に発信します。

今日はクリニックからのお知らせです
秋口になると例年予約が混み始めるのですが…やはり今年も混み始めました。
曜日によって変わってきますが、
・月・水・木・金の午後が10月下旬頃
・土・日が11月上旬頃
・金の午前中が11月下旬頃
上記は今日現在の予約状況です。
ご予約をご希望の方はお早めにお電話でお問い合わせください。
電話:03-5625-8486

投稿者 ikumei : 21:05

2006年09月15日

何故起こるのか?

おはようございます。
今日は雨があがりましたね?
溜まった洗濯物をするチャンスです。ヤッタ!
日曜日からまた雨みたいなので貴重ですよね?台風も九州地方に向かってきてますしね。
さあ週末です。今日も元気に発信します。

下肢静脈瘤は何故起こるのか?
脚の静脈の血液は筋肉の力によって下から上に上昇しますが、いったん上がった血液が重力によって下に落ちないように逆流防止の弁がついています。静脈の弁が何らかの原因で正常に機能しなくなると、逆流防止が利かなくなり、血液が逆流してしまい、脚の静脈がふくらんでしまうのを(瘤のような状態、血液が溜まってしまう状態)下肢静脈瘤といいます。
主に皮膚表面に近くの血管にでき、静脈瘤になると脚の血液の循環が悪くなる為、重い・だるい・疲れやすい、といった様々な症状が起こります。
静脈瘤は自然に治ることはありません。そのまま放置すると痛みが出たり、湿疹や皮膚炎をおこし、潰瘍ができることもあります。
なので、あまり悪くしないうちに専門医の受診をお勧めします。

投稿者 ikumei : 21:07

2006年09月14日

症状

おはようございます。
今朝も冷たい雨で…寒いですね?昨日は本当に寒かったんですが皆さん体調崩したりしていませんか?また気温が高くなる日もあるので体調管理には気をつけましょうね?
さあ今日も元気に発信します。

最近なんか脚の調子が悪いな?なんて思っている方はいませんか?調子が悪い?どんな症状かと言うと…
・だるい、重い、疲れやすい
・むくむ・つりやすい
・血管が浮き出ている
・痒い
・痛い
などです。
そんな症状のある方は…下肢静脈瘤の可能性があります。
下肢静脈瘤は良性の病気ですが、放置していくと徐々にですが、確実に進行してしまう病気です。
あまり悪くしないうちに専門医の診察を受けることをお勧めします。

投稿者 ikumei : 21:08

2006年09月13日

お返事

おはようございます。
今朝は寒くて目が覚めましたが…皆さんはどうでしたか?東京の予想気温は10月中旬の気温の20度にしかならないみたいなので、風邪引かないように気をつけましょうね?
さあ今日も元気に発信します。

「妊娠と静脈瘤」にコメントをいただきました。
tomoさんお返事が大変遅くなりまして申し訳ありませんでした。
現在、tomoさんは妊娠6ヶ月ということで、足のつけね内股に静脈瘤ができているということでしたが…
妊娠中にできる治療は、ストッキングによる圧迫療法のみです。
静脈瘤になっている所を圧迫することが重要なので、パンストタイプのストッキングをお勧めします。妊婦用のパンストは病院(専門の施設)で処方できますので、一度受診をされどうでしょうか?
妊娠を繰り返すたびに静脈瘤は進行しやすくなりますので、妊娠中から悪化防止のケアが重要です。
tomoさん参考になりましたでしょうか?またご質問がありましたら、メール・電話でお問い合わせください。

投稿者 ikumei : 21:09

2006年09月08日

靴外来

おはようございます。
今朝も曇りなんですが、でもなんか蒸し暑いですよね?
今の時期、朝晩と日中の気温の変化があるので体調崩さないように気をつけてくださいね?
さあ今日も元気に発信します。

今日はクリニックからのお知らせです。
当クリニックは「両国あしのクリニック」という名前のとおり、「あし」のクリニックにです。
診療内容は、下肢静脈瘤外来とリンパ浮腫外来を今まで行っていましたが、
このたび「足と靴外来」を行うことになりました。
毎月第2・4木曜日  AM9:00~AM11:30[予約制]になっています。
外反母趾や、偏平足など市販の靴があわなくて困ってるかたはいませんか?
当クリニックでは、足と靴の専門医が足と靴のカウンセリングをし、医師の処方によりドイツのシューマイスターチームが、靴と中敷の調整をいたします。
外来の流として…
1・ご予約
2・医師の診察
3・足と靴の評価・型どり
4・靴・インソールの製作
5・お渡し・微調整
6・適合・チェック
以上が一般的な流となります。

≪足と靴でお悩みの方≫は、一度お電話でお問い合わせください。
電話:03-5625-8486

投稿者 ikumei : 21:11

2006年09月07日

妊娠と静脈瘤

おはようございます。
今朝は雲っていて、靄がかかっていて見通しが悪いですね?こんな日は、車を運転する方は十分気をつけてくださいね。
さあ今日も元気に発信します。

今日は妊娠と静脈瘤についてお話します。
妊娠中はホルモンの影響や大きくなった子宮が静脈を圧迫するので、静脈瘤ができたり悪くなったりする時期です。
妊娠中は静脈の拡張が目立っていても、出産すれば静脈の還流はすぐに改善されますから、大事な表在静脈の弁が壊れていなければ、静脈瘤もほとんど消えてしまいます。
ただし、一見正常に戻ったように見えても、伏在静脈の弁不全が残ってしまうといずれ再び静脈瘤が出ることになります。
多くの場合は出産をしてしまうと数ヶ月の間に静脈瘤はよくなりますが、妊娠を繰り返すたびに治りにくくなり症状もだんだん重くなります。
もしかして?下肢静脈瘤?と思われる症状があるかたは専門医の受診をお勧めします。

投稿者 ikumei : 21:13

2006年09月05日

質問?

おはようございます。
今朝も良い天気ですね?まだまだ日差しは暑いですが、風は涼しくなってきましたね?確かに…
今月は秋の運動会をする学校が多いんではないでしょうか?練習で暑い日差しの中にずっといるわけですから…水分補給は忘れないで、熱中症にならないようにしてくださいね!ほんとうに。
さあ今日も元気に発信します。

今日は患者様からの質問についてお話しします。
この方は、違う病院で診察を受けられて、「手術をしなくては治らない」とお医者さんから言われたのですが、手術にたいしてとても不安があり又自覚症状もあまりなかった為ずっと先延ばしにしていました。
その間なにもされていなかったので症状は大分進行して足首の所に潰瘍ができてしまってました。医師が手術についてよく説明をし2週間後には手術をすることになりました。
手術に対しての不安は誰にでもあると思います。日帰り手術といえ、麻酔をかけて行うわけですから…
こんなときは自分が納得するまで、医師・看護師とお話をしてお決めください。

下肢静脈瘤は基本的には良性疾患のため、癌などの悪性疾患と違い致命傷になる可能性の低い疾患です。注意するべきは、肺塞栓です。また、進行すると、かゆみ・治りにくい湿疹・色素沈着を経て、皮膚が潰瘍化したり、また、蜂窩織炎(ばい菌が入って、足が赤く腫れる)にもなりやすくなります。
下肢静脈瘤かなぁ?と思ったら専門医に診察を受診することをお勧めします。

投稿者 ikumei : 21:14

2006年09月04日

自己診断法

おはようございます。
朝晩は少し涼しく過ごしやすくなってきましたね。うれしいです。
大きな台風が発生していますが…今の所上陸はなさそうですね?良かった。でも油断はしないようにしましょうね?特に海に行かれる方は…
さあ週の始まりです。気合をいれて今日も元気に発信します。

今日は下肢静脈の自己診断方法についてお話しします。
静脈瘤の最も初期の症状は、脚の静脈が部分的に拡張することです。自分で静脈瘤を見つけるには、まっすぐ立った姿勢で、鏡に脚を映してみるのが良い方法ですがなかなか自分ではうまく見つけることは難しいようです。座ったりすると静脈瘤は目立たなくなってしまうので、回りの人に指摘されて気づく人が多いようです。
もしかして?思われる方は、一度専門の血管外科医の診察をお受けすることをお勧めします。

投稿者 ikumei : 21:16