下肢静脈瘤あれこれ情報 東京都 下肢静脈瘤 治療:下肢静脈瘤について東京 両国あしのクリニックからの情報発信

« 2006年01月 | メイン | 2006年03月 »

2006年02月28日

お知らせ

遅くなりました…
今日は寒い。又冬に逆戻りですね。雨も降ってくるみたいですし風邪ひかないようにしてくださいね!
発信します。

お知らせです
明日の(3/1水)の午前中の診察はお休みさせていただきます。
予約なしでの初診は来週(3/8水)となりますのでお間違えのないよにお願いします。
ところで寒さも一段落してきたので、初診の問い合わせも増えてきています。
自分の脚ももしかして?と思って診察を希望される方はお早めにお電話でご予約をしてください。
暖かくなると混みますので…

投稿者 ikumei : 12:09

2006年02月27日

レーザー治療

おはようございます。
風が強い朝になりましたね?風が少し冷たく感じましたが…皆さんの所はどうですか?日によって気温の変化があるので体調管理に気をつけましょうね?
さあ久しぶりの発信です。

今日は、「手術療法」の中からレーザー治療についてお話しします。
ここ、あしのクリニックで行っている静脈瘤のレーザー治療はエンドレーザー法と言います。
この方法は、細いレーザーファイバーを静脈の中に入れ中から血管を焼いてしまう方法です。
静脈の中に細いカテーテルを挿入しレーザー光の熱で血管を閉塞させてしまう《血管内治療》です。手術は局所麻酔(TLA麻酔)で行いほとんど傷がなく、短時間で静脈瘤の治療が可能になります。
しかし、自費診療になります。今現在健康保険が認められていない為保険外診療になってしまうんです。残念。
また、全ての静脈瘤の方がレーザー治療を受けることができるわけではありません。
レーザー治療をご希望の方はお電話でお問い合わせください。
電話:03-5625-8486

投稿者 ikumei : 12:10

2006年02月22日

お返事

おはようございます。
久しぶりの晴れですね?気温も上がって暖かくなるみたいですが。今日は洗濯物乾くかな?厚手の物が乾かなくて困ってたので…良かったです。
さあ今日も元気に発信します。
 
今日は「風」さんからのコメントにお答えします。
こんにちは、ブログにコメントありがとうございました。
92歳になられるご家族が皮膚潰瘍とのことですが、下肢静脈瘤によるものなのでしょうか?
医療用の弾性ストッキングは圧力が強いため、引き上げる力がないと履くのは難しいですよね?
その点、補助具の「バトラー」又は「イージースライダー」を使った方が履きやすいと思います。但しこの補助具も多少の力が必要となります。
補助具は当クリニックで購入することはできますので、どちらの補助具が良いか?など一度お電話で五嶋までご相談ください。
電話:03-5625-8486

投稿者 ikumei : 12:12

2006年02月17日

高位結紮術

おはようございます。
なんかスッキリしない天気で、気持ちもめいっちゃいますね。
週末はいい天気になってくれないかなぁ?
さあ今日も発信します。

今日は手術療法の中の「高位結紮術」についてお話しします。
この方法は、治療が必要な静脈を縛ったあと、一部を切除する方法です。
弁不全のある伏在系静脈が深部静脈と合流するところで血管を縛ってしまうんです。
血管を縛って切り離すことによって再開通を防ぎ、不在系静脈の枝を処理することと硬化療法併用して治療効果を高めています。
この方法も日帰り手術が可能です。

投稿者 ikumei : 12:13

2006年02月16日

ストリッピング手術

おはようございます。
今朝は雨ですね。
昨日は春の陽気で本当に暖かかったのに残念です。
暖かくなってきて、雨が降ったりした時は、雪が積もっている地域の方は雪崩に気をつけてくださいね。
さあ今日も発信します。

今日は手術療法の中から「ストリッピング手術」についてお話しします。
下肢静脈瘤の根本的治療のためには、弁不全のある伏在系静脈を取り除くことが大切です。
その手術方法として行われているのがストリッピング手術です。
ストリッピング手術は小さな皮膚切開を数多く置き、拡張したり、瘤になった静脈瘤を抜き取る手術です。麻酔は全身又は腰椎麻酔で行います。
悪くなった伏在系静脈の中にワイヤーを通し、それを引き抜くことにより静脈を引き抜いて取り去る治療法です。
以前は入院が必要な手術でしたが、現在は麻酔薬の発達により、覚醒の早い麻酔薬が使用されることによって外来での日帰り手術が可能になりました(症状によります)。
当院では術後、暫くお休み頂き、医師の許可後、帰宅していただいています。

投稿者 ikumei : 12:14

2006年02月15日

硬化療法

おはようございます。
今日は暖かいですね?春の陽気になるみたいですが…
暖かくなると花粉の季節が始まります。私には辛い日々がやってくるんです。今年は花粉が少ないって言われてますが…どうですかね?
さあ今日も張り切って発信します。

硬化療法についてお話しします。
下肢静脈瘤に対する根本的な治療方法としては、従来は弁不全の静脈を抜き取ってしまう「ストリッピング手術」が主流でした。
これに対して、だめになった静脈を抜き取ってしまう代わりに、つぶす、詰めてしまうという考えから生まれたのが「硬化療法」です。
硬化療法とは本来なら抜き取ってしまうべき静脈の中に硬化剤を注入し、静脈の内側の壁と壁をお互いにくっつけてしまったり、血栓(血のかたまり)をつくって詰めてしまう方法です。
硬化療法だけで静脈瘤の治療ができればとてもよいことですが、なかなかそうゆうわけにはいきません。
この治療法の長所は傷跡が少ない点、短所は再発率が高いという点です。

投稿者 ikumei : 12:15

2006年02月14日

圧迫療法

おはようございます。
今日はバレンタインデーですね?皆さんは誰にあげますか?私は…いない。。
なんでこんな日があるんだろうか?私には必要ないかなぁ。
今は買い物に行ってもチョコがいっぱい売ってて変わったのもありますよね?確かに私もほしいなぁ?無理です…
さあ気持ちを切り替えて今日も発信します 。

今日は治療法の中の一つの「圧迫療法」についてお話しします。
・圧迫療法
静脈瘤の進行を防ぐためや、ごく軽い静脈瘤に対してこの方法が用いられます。
弾性ストッキングや弾性包帯で脚を圧迫して静脈のうっ血や逆流を防ぐ治療法です。
足先を強く圧迫して、付け根の方を弱く圧迫するようにします。
圧迫するだけで脚のだるさ・重さ・痛みはとれ、皮膚の症状も軽くなります。
但し、この方法は静脈瘤の進行を遅らせることには効果がありますが、保存的療法であり、治癒することはありません。

投稿者 ikumei : 12:16

2006年02月13日

治療

おはようございます。
今日は、月曜日!一週間の始まりです。
週末は連休でしたので、疲れていませんか?私は予定が無かったので大丈夫なんですが…
日によっつて気温の差がありますので、本当に風邪をひいている人が増えていますので、気をつけてくださいね?
さあ今日も元気に発信します 。

静脈瘤の治療には、大きく分けて圧迫療法・硬化療法・手術療法があります。
それぞれの治療法には利点と欠点がありますので、症状や程度などで、どの方法が良いか使い分けることが大切です。
静脈瘤は、急に命に関わることは稀ですが、治療をしない限り徐々に進行してゆく病気です。
あまり悪くしないうちに専門医の診察をお受けください。

投稿者 ikumei : 12:18

2006年02月10日

静脈瘤

おはようございます。
今朝も寒い。一段と寒く感じるんですが…気のせいでしょうか?朝洗濯を干していたんですが、凍っていくんですよ。私も鼻水出ちゃうし…昼間は気温が上がるみたいですが。。暖かくなってくれ~
そう、今朝駅に中学生がいっぱいいたんですが、今日は都立の受験日ですかね?今まで頑張ってきたのを出し切ってくださいね!応援しています。
さあ今日も元気に発信します。

静脈瘤とは?
静脈瘤は、脚の静脈の弁が正常に機能しなくなり、血液が逆流・うっ血を起こして脚の循環が悪くなる病気です。
脚の静脈に血液がたまってしまうため、だんだん静脈は太くなったり蛇行したりします。
はじめのうちは静脈が拡張・蛇行するだけですがだんだんひどくなると次のような症状がでてきます。
・脚が重くなる
・脚がつかれやすくなる
・脚が張る
・脚が痛くなる
・脚がむくむ
・脚がつる(こむら返り)
さらに重症になると脚の血液循環が悪いので皮膚炎を起こしたり、潰瘍になったり、血栓ができたりすることもあります。
もしかして?と思ったら専門医の受診をお奨めします。

投稿者 ikumei : 12:20

2006年02月09日

静脈弁と筋肉の働き

おはようございます。
風が冷たいですね?駅からここまで歩いてくる間に鼻の頭が赤くなってしまいました…寒い。
昨日は暖かかったのにまた逆戻りです。
インフルエンザも流行ってますので、体調管理に気をつけましょうね。
さあ元気に発信します。

今日は、静脈弁と筋肉の働きについてお話しします。
足の静脈には弁があります。この弁は血液の逆流を防ぎ、血液を常に上の方向に流す役割を持っています。
しかし静脈弁自身には積極的に血液を流す力はないために、血液を上の方に押し出すのは主に脚のふくらはぎの筋肉の役目になります。
ふくらはぎの筋肉は第2の心臓とも呼ばれていて、筋肉が収縮する時に、脚の静脈を圧迫して血液を押し上げています。(筋ポンプ作用と呼ばれています)。
このように静脈弁と筋肉ポンプ作用が協調して働いてはじめて脚の血液は心臓まで運ばれているのです。

静脈弁


左の写真が静脈弁の正常な流れです。

 

 

 

投稿者 ikumei : 12:22

2006年02月06日

血液循環

寒い…。
今日は、外回りに行ってたんですが、空気が冷たい。夕方から雪が降るかもと天気予報で言ってましたが…本当に寒いです。
午前中、電車で移動していたんですが制服の中学生がいっぱいいたんですが…入試の願書提出ですかね?受験も追い込みです。
風邪ひかないように気をつけてくださいね?
さあ今日も元気に発信します。
 
下肢静脈瘤は、脚から血液が戻ってこられなくなってしまうために起こる病気です。
血液は私たちの体内を循環して、体の各部分に酸素や栄養を送ったり、また逆に各部分から二酸化炭素や老廃物を集める役割を果たしています。この血液循環を担っている器官が血管で、血管には動脈と静脈があります。
動脈は心臓から送り出された血液を全身に届けるパイプ、静脈は全身に送られた血液を心臓に戻すためのパイプなんです。
脚では、心臓のポンプ作用により押し出された血液が動脈を通って足の隅々に送りだされます。血液は皮膚や筋肉などを通ってから静脈に入った血液は重力に逆らって足から心臓に向かって昇らなければなりません。その際、重要な働きをするのが静脈弁と脚の筋肉です。

投稿者 ikumei : 12:24

2006年02月03日

予約

おはようございます。
今日は節分です。
ところで、皆さんの家では、豆まきしますか?豆まきした後は大変ですよね?拾って、年の数だけ食べて、掃除して…最近は、落花生でやる家庭も増えてるみたいですよね?皆さんの家ではどうですか?
今日は暖かくなるみたいですが明日からはまた寒くなるみたいです。今受験の本番中の方も大勢いると思いますが、体調管理に十分気をつけて、頑張ってくださいね。
さあ今日も元気に発信します。

現在の予約状況についてお話しします。
例年、冬の時期は予約が少なくなります。寒いこともありますし、脚を露出する機会もないこともあるようです。
以前にお電話等でお問い合わせの際、2.3ヶ月待ちと言われて予約をされなかった方は、いらっしゃいませんか?
受診をご希望される方は、一度お問い合わせください。
曜日によっては、今月の受診も可能になります。
電話:03-5625-8486

投稿者 ikumei : 12:25