下肢静脈瘤あれこれ情報 東京都 下肢静脈瘤 治療:下肢静脈瘤について東京 両国あしのクリニックからの情報発信

« 2005年10月 | メイン | 2005年12月 »

2005年11月30日

両国あしのクリニック

おはようございます。

今朝も暖かいですね?日本海側の地方では、荒れ模様のようですが…皆さん大丈夫ですか?
今日で11月も終わりです。もう1年が終わるなんてなんか早いですね?あれ~そう感じるのは私だけかな?バタバタする12月が始まりますが、体調を整えて頑張りましょうね!飲みすぎには注意ですよ。
さあ今日も発信します。

今日は両国あしのクリニックの場所についてお話しします。
当クリニックは総武線の錦糸町、両国、都営新宿線の菊川、大江戸線の両国、半蔵門線の錦糸町と5つの駅から徒歩で10~15分ほどの場所にあります。京葉道路沿いに面しており大きな看板もありますのでわかりやすいと思います。

看板2


錦糸町、菊川方面はこちらの看板が目にはいります。

 

 

看板




両国方面はこちらの看板が目にはいります。

 

 

6階建ての細長いビルの3階が受付になりますので、エレベーターでお上がりください。
尚、当クリニックは予約制となっておりますので電話でご確認のうえご来院ください。

投稿者 ikumei : 13:31

2005年11月28日

弾性ストッキング

おはようございます。
暖かい日が続いていますね?昨日はお休みだったので布団を干しました。ふかふかになって夕べはぐっすり眠ることができました。そのおかげで今日は朝からテンション高くて元気いっぱいです。
さあ今日も元気に発信します。

今日は、弾性ストッキングについてお話しします。
下肢静脈瘤の治療、予防のために、弾性ストッキングを着用しますが、ここで使われているストッキングは通常市販されているサポートストッキングとは異なり、医療用に製造されたものです。その為圧力が強く、自分にあったサイズを選ぶ事が大切です。医療用の圧迫ストッキングは、脚に外圧をかけることにより、逆流を防ぎ筋ポンプ作用を高め、静脈機能の改善をはかるものです。ストッキングには、圧力・タイプ・サイズ等が様々ありますので…着用するにあたって大切なことは
1)医師の指示に従って、自分の症状に合った圧迫力のものを着用すること。
2)できるだけ毎日着用すること(医師の指示に従ってください)

投稿者 ikumei : 13:36

2005年11月24日

妊娠と静脈瘤

おはようございます。
外は青空です。今日は気温も少し暖かめですよね?ところで…クリスマスまで後1ヶ月になりましたが皆さんは何か予定などはありますか?私はないなぁ。。プレゼントを用意したり、パーティーを企画したり大変ですよね。でも楽しいことなので頑張りましょうね?
さあ今日も元気に発信します。

今日は妊娠と静脈瘤についてお話しします。
妊娠中はホルモンの影響や大きくなった子宮が静脈を圧迫するので、静脈瘤ができたり悪くなったりする時期です。そうですね!多くの場合は出産をしてしまうと数ヶ月の間に静脈瘤はよくなりますが、妊娠を繰り返すたびに治りにくくなり症状もだんだん重くなります。本当ですか?
妊娠中はなるべく弾性ストッキングを着用して静脈瘤の予防に心がけましょう。

投稿者 ikumei : 13:38

2005年11月22日

お知らせ

おはようございます。
いい天気が続いていますが気温は低くて寒いですね?寒さには強いほうなんですが、薄着だからそう感じるのかもしれませんね?私の回りにも風邪をひいている方が多くなってきているんですが、皆さんは大丈夫ですか?寒さはまだまだこれからです。よく睡眠をとって体力をつけて乗り切りましょうね!
さあ元気な私がここ両国から発信します。

今日は両国あしのクリニックからのお知らせです。
*水曜日の午前中は初診の方が予約無しに受診できる日となっておりますが、明日11/23(水)はお休みさせていただきます。ごめんなさい。                                                               再診、手術の予約をされている方のみの診察となりますので、お間違えのない様にご確認のうえご来院ください。
なお来週11/30(水)の午前中9:00~11:00は通常の初診の診察をおこなっております。

*木曜日に行っています、下肢静脈瘤のオリエンテーションの予約状況ですが…。
12/1…満員です。
12/8…今現在若干の空きがあります。
12/15…空きがあります。
12/22…空きがあります。
12/29…今年最後です。空きがあります。

オリエンテーションに参加希望の方は、予約制となっておりますので、電話で日程のご確認のうえご予約をお願いします。

投稿者 ikumei : 13:41

2005年11月18日

麻酔

おはようございます。
気持ちのいい青空です。朝は風邪が冷たくて、手袋がほしくなりました。もう冬ですよね?お鍋もおいしい季節になりましたよね。
さあ今日も元気に発信します。

今日はレーザーストリッピングで使われる麻酔についてお話しします。
レーザーストリッピングは局所麻酔で行われますが、通常の局所麻酔ではなくTLA法という麻酔で行われます。TLA法とは、大量低濃度局所浸潤麻酔と呼ばれています。もともとは日帰りで脂肪吸引をするために開発された麻酔法です。1/10程度に薄めた局所麻酔薬(エピネフリン添加低濃度キシロカイン)を使います。特殊な薬品ではなく、日本中で広く使われているキシロカインEという薬とメイロンという薬を混ぜ合わせて作ります。普通は20~40ccのところ、500cc以上使うことができます。大量に使えるので広い範囲が麻酔でき、出血を抑える効果があります。しかも麻酔効果が約18時間と長く続き、治療の翌朝まで痛みを抑えます。

投稿者 ikumei : 14:33

2005年11月15日

治療法

おはようございます。寒い~朝起きたらビックリです。なんか部屋の中が寒いんです。う~ん布団から出たくないよー。洗濯も干したくない!なんて思っちゃいました。今日は12月上旬の寒さだそうで、風邪ひきさんも増えますねきっと…気をつけてくださいね!!
さあ今日も元気に発信します。

今日はレーザー治療についてお話します。
静脈瘤のレーザー治療は、細いレーザーファイバーを静脈の中に入れ中から血管を焼いてしまう方法です。この方法をエンドレーザー法と言います。静脈の中に細いカテーテルを挿入しレーザー光の熱で血管を閉塞させてしまう《血管内治療》です。従来の手術と異なり局所麻酔でほとんど傷がなく、短時間で静脈瘤の治療が可能です。 ストリッピング手術の対象になる伏在型の静脈瘤はすべてレーザー治療を行うことができます。
ただレーザー治療を受けることが難しい方もいます。

それは…
・ふとももの静脈が曲がりくねっている方
・ふとももの静脈が皮膚に近い方
・局所麻酔にアレルギーがある方
です。

現在、レザー治療は保険診療が認められていないため自費診療となります。

投稿者 ikumei : 14:45

2005年11月14日

治療法

おはようございます。休み明けです…休み疲れの人はいませんか?朝の通勤の風景を見ていたら、疲れた顔をしている人が多く見受けられたのですが!日に日に寒くなってきていますし、体調を崩さないように睡眠は十分にとりましょうね。
さあ元気に発信します 。

今日はストリッピング手術についてお話しします。
下肢静脈瘤の根本的治療のためには、弁不全のある伏在系静脈を取り除いてしまうことが最も確実です。その手術方法として一般に広く行われてきたのがストリッピングと呼ばれる静脈抜去術です。

手術


小さな皮膚切開を数多く置いて、拡張したり瘤化した静脈瘤を抜き取る手術です。
この手術の長所は治癒率が高いことです。
しかし短所もあり、全身・下半身麻酔をかける、傷跡が残るなどがあげられます。

 

下肢静脈瘤にはいくつかの治療法がありますので、主治医と御相談の自分にあった治療をお受けください。

投稿者 ikumei : 19:08

2005年11月11日

治療法

おはようございます。
今朝はなんかはっきりしない天気ですよね?なんか寒い。今ここは暖房をかけてますよ。う~ん暖かい。。
さあ週末です。今日も元気に発信します。

今日は「硬化療法」についてお話しします。
硬化療法とは…本来なら抜き取ってしまうべき静脈の中に硬化剤と呼ばれる薬剤を注入し、静脈の内側の壁と壁をお互いにくっつけてしまったり、血栓(血のかたまり)をつくって詰めてしまう方法です。しかし硬化療法だけで静脈瘤が治療できればとてもよいことですが、なかなかそういうわけにはいかないのです。残念。硬化療法の長所は傷跡が残らない、短所は再発率が高いことなどがあげられます。
下肢静脈瘤の治療法はいくつかありますので、担当医とご相談の上治療法をお決めください。

投稿者 ikumei : 19:13

2005年11月09日

治療法1

おはようございます。
今日も秋晴れ!ここから見る空は、雲ひとつない晴天です。いい気持ち!どこかいきたいなぁ~。私を誰か連れて行って。。な~んてまじめに仕事をしないとね!
さあ今日も元気にここ「両国あしのクリニック」から発信します。

下肢静脈瘤にはいくつか治療法があることは昨日お話しましたね?はい!今日はその治療法なかの「圧迫療法」についてお話します。
1)圧迫療法…弾性ストッキングや弾性包帯で脚を圧迫して静脈のうっ血や逆流を防ぐ治療法です。足先を強く圧迫して、付け根の方を弱く圧迫するようにします。圧迫するだけで脚のだるさ・重さ・痛みはとれ、皮膚の症状も軽くなる安全で簡単な方法ですが、効果が弾性ストッキングをはいている間だけで永続性がないのが欠点です。妊娠中の静脈瘤やいろいろな合併症を持った患者さんの場合圧迫療法のみで治療します。圧迫療法は硬化療法や手術療法を行うときも必ず一緒に行い治療効果を高める基本となる治療法です。
ここで使われる弾性ストッキングは医療用のストッキングで、市販のサポートタイプより圧力が強く、サイズや圧力を適切に選ばないと十分な効果が得られないため、医師による診察が必要です。そうなんだぁ~!
どうですか?わかりますか?
下肢静脈瘤についてご質問などありましたら、お気軽にご相談ください!

投稿者 ikumei : 19:22

2005年11月08日

治療法

今朝も平年よりも暖かい朝ですね?昨日は本当に暖かくて、11月?なのにどうしたんだ…と思いましたよね?でもまた明日から寒さが戻ってくるようです。気温の変化が激しいので体調管理には十分注意しましょうね!
さあ今日も元気に発信します。

下肢静脈瘤には、どんな治療法があるのでしょうか?
下肢静脈瘤には「圧迫療法」「硬化療法」「ストリッピング手術」「高位結さつ術」「レーザー治療」などがあります。
静脈瘤は急に命に関わることは稀ですが、不快な症状があり、徐々に進行してゆくので生活に不自由をきたす病気です。あまり悪くしないうちに専門医の診察を受けた方が良いでしょう。それぞれの治療には利点と欠点があるので、症状、静脈瘤の程度、かたちによって使い分けます。主治医と相談のうえ治療法をお選びください。

投稿者 ikumei : 19:26

2005年11月04日

下肢静脈瘤

おはようございます。
秋晴れです。気持ちのいい朝でうれしいです。毎週週末は天気が悪かったんですが、明日は晴れるみたいですよ!お出かけは明日がチャンスです。楽しんでください!
さあ今日も元気に発信します。

「下肢静脈瘤?これはどんな病気?」「もしかして私の脚も?」と思われている方はいませんか?
そこで…今日は簡単に「下肢静脈瘤という病気」についてお話しします。
私たちの体の中を血液は循環しています。この血液循環を担っている器官が血管で、血管には動脈と静脈があります。静脈瘤はこの脚の静脈の弁が正常に機能しなくなり、逆流・うっ血を起こして脚の循環が悪くなる病気です。
だるい・重い・疲れやすい・むくむ・つりやすい・血管が浮き出ている・痒い・痛いなどの症状がでてきます。

下肢静脈瘤は良性の病気ですが、放置していくと徐々にですが、確実に進行してしまう病気です。もしかして?と思ったら専門医への受診をお勧めします。

投稿者 ikumei : 19:27

2005年11月02日

ストッキング

おはようございます。
日に日に寒くなってきましたが、風邪などひいていませんか?朝晩は上着も厚手のものでないと寒いですよね?11月からインフルエンザの予防注射も始まりましたが、皆さんは受けられますか?私は受けます!予防のためには受けたほうがいいのかな?
さあ今日も元気に発信します。

私は弾性ストッキングの通販を担当しているんですが、最近は寒くなってきたためか?注文がハイソックスからストッキングに変わってきているようです。当クリニックで扱っている弾性ストッキングは医療用の為圧力が強く厚みもあります。その為夏場は暑いのでハイソックスの需要が多くなります。

通販ではじめてご購入される方は、医師の診察をうけてからのご購入をお奨めします。弾性ストッキングは医療用具のため、体に合ったサイズの選択やコンプレッション(圧力)選定がとても重要になります。質問等がありましたらお気軽にお問い合わせください。

投稿者 ikumei : 19:30