下肢静脈瘤あれこれ情報 東京都 下肢静脈瘤 治療:下肢静脈瘤について東京 両国あしのクリニックからの情報発信

« 2005年06月 | メイン | 2005年08月 »

2005年07月29日

保険外

おはようございます。
明日は花火だ天気ももちそうですし…楽しまなくちゃ!
さあ今日も発信です。

以前にもお話しましたが、レーザー治療は保険外診療のため自費診療になります。
下肢静脈瘤の治療法の、ストリッピング手術・高位結紮術・硬化療法は全て健康保険で認められていますが、残念ながらレーザーを含む下肢静脈瘤の血管内治療は現時点(2005年3月)では健康保険で認められていません。どうして…。。
したがってレーザー治療を受ける場合、保険外診療の自費診療となってしまいます。
もちろん保険外診療を希望されない患者さんには、健康保険で認められている範囲内で最善の治療を行うことをお約束します。レーザー治療は、治療の内容をよく理解していただいたうえで、その治療を希望される患者さんのみに行っていきたいと考えています。
 
レーザー治療についての質問はお気軽に下記までどうぞ。
電話:03-5625-8486

投稿者 ikumei : 10:45

2005年07月28日

麻酔

おはようございます。
助けて!暑いよ~。暑さに弱い私にはつらい季節です外に出るとクラクラしちゃいます。夏はまだまだこれからなのに夏バテしないように頑張らないと!がんばれ~。
さあ今日も元気に発信です。

レーザーストリッピングは局所麻酔で行われますが、通常の局所麻酔ではなくTLA法という麻酔で行われます。
そこで、今日はTLA麻酔についてお話します。お願いします。
・TLA麻酔とは…
大量低濃度局所浸潤麻酔(TLA法)と呼ばれ、もともとは日帰りで脂肪吸引をするために開発された麻酔法です。1/10程度に薄めた局所麻酔薬(エピネフリン添加低濃度キシロカイン)を使います。特殊な薬品ではなく、日本中で広く使われているキシロカインEという薬とメイロンという薬を混ぜ合わせて作ります。普通は20~40ccのところ、500cc以上使うことができます。大量に使えるので広い範囲が麻酔でき、、出血を抑える効果があります。しかも麻酔効果が約18時間と長く続き、治療の翌朝まで痛みを抑えます。
医師が超音波で静脈を観察しながら正しい位置に必要最小限の量の麻酔を行います。

投稿者 ikumei : 10:47

2005年07月27日

治療法

おはようございます。
朝から暑い!台風一過で今日は気温上がりますよ。つらいかなぁ?
空もきれいな青空です。昨日できなかった洗濯をかたづけなくちゃ~!
さあ今日も元気に発信です。

今日はレーザーストリッピングの合併症についてお話しします。
<おこる可能性が低いもの>
・深部静脈血栓症、肺塞栓症(エコノミークラス症候群、ロングフライト症候群)
治療によって閉鎖した静脈の先から血栓が伸びて深部静脈血栓症が起こる可能性があります。しかし、レーザーストリッピングに限らず、従来の硬化療法、高位結紮術、ストリッピング手術などの他の静脈瘤の治療でも、深部静脈血栓症の危険性があります。レーザーストリッピングで深部静脈血栓症の起きる可能性が他の治療に比べ特別に高いということではありません。
・薬剤アレルギー(アナフィラキシーショック)
治療時に使う局所麻酔薬や静脈麻酔薬によるアレルギーの可能性があります。
・皮膚の色素沈着
治療する静脈が浅く皮膚に近い場合(特に男性の方)、治療後に静脈に沿って茶褐色の色がつく場合があります。この色は1~2年かけて徐々に薄くなりますが、最終的に色が残る場合があります。
・伏在神経障害
治療を行う静脈のそばに神経が走っていることがあり、レーザーの熱や静脈をもちあげる時に神経が傷つくことがあります。運動神経ではありませんので脚が動かなくなることはありません。
 
これらの合併症が全て起こるわけではありません。
レーザーストリッピングは基本的に日帰り治療に適した安全な治療です。

投稿者 ikumei : 10:49

2005年07月26日

治療法の合併症

おはようございます。
やっぱり台風来るみたいですね?夕べから雨が強くなったり弱くなったりしてますよね?仕事終わって帰る頃ひどいのかなぁ~?電車は止まらないでほしい。。
さあ今日も発信です。

昨日の続きでレーザーストリッピング法の合併症についてお話します。
レーザーストリッピング法では以下のような合併症の可能性があります。
<おこる可能性が比較的高いもの>
・太ももの皮下出血、痛み、発赤
ファイバー静脈の中に入れた部分、局所麻酔を注入した針の部分や皮膚切開をした部分に小さい皮下出血(青あざ)が起きることがあります。まれにこの皮下出血が太もも全体に起きることがあります。通常は2週間程度で消え、跡は残りません。
また、治療後に歩いた時の違和感や突っ張り感を感じる時があります。まれに治療した太ももが赤くなったり、痛みを感じたりすることがあり、これらは通常は2週間程度で自然に良くなりますが、鎮痛剤や湿布が必要となる時があります。
 
レーザーストリッピングは基本的に日帰り治療に適した安全な治療です。
 
レーザー治療についてのご質問等はお気軽に電話やメールでお問い合わせください!
明日はおこる可能性の低いものをお話しします。

投稿者 ikumei : 10:51

2005年07月25日

治療法

おはようございます。
土曜日は、大丈夫でしたか?地震があってびっくりしましたね?エレベーターは止まってしまうし、電車も動かなくて大変でした~。
今度は台風が接近してますね?明日かなぁ?明後日かなぁ?直撃は避けたいです…
さあ今日も元気に発信です。

今日は下肢静脈瘤の治療法の中から、レーザー治療についてお話しします。
・レーザー治療
静脈瘤のレーザー治療はエンドレーザー法といい、細いレーザーファイバーを静脈の中に入れ中から血管を焼いてしまう方法です。焼く?
静脈の中に細いカテーテルを挿入しレーザー光の熱で血管を閉塞させてしまう《血管内治療》です。従来の手術と異なり局所麻酔(TLA麻酔)でほとんど傷がなく、短時間で静脈瘤の治療が可能です。それはうれしい~!
実は私、先週の土曜日レーザーの手術を見学させて頂いたんです。ドキドキしました。
手術は、短時間で傷口も小さく出血も少なく私の感想は“びっくり”でした。本当です!
 
現在、当クリニックでレーザー治療を行っているのは、広川雅之Drです。
 
レーザー治療は健康保険適用外なので、自費診療になります。
また、レーザー治療を受けることが難しい方がいます。
・太ももの静脈が曲がりくねっている方
・太ももの静脈が皮膚に近い方
・局所麻酔にアレルギーがある方
です。
治療方法は主治医と相談の上お決めください。

投稿者 ikumei : 10:53

2005年07月23日

治療方法

おはようございます。
今日は朝から小雨が降っていて肌寒いですね?朝方寒くて目が覚めてしまいました。布団かけないからだ~!
気温の差があるので風邪などひかないようにしてくださいね?は~い。。
さあ週末です。今日も元気に発信です。

今日は治療法の中からストリッピング手術についてお話します。
・ストリッピング手術
逆流の原因になっている静脈を特殊な器具で取り除いてしまう手術です。取るの?以前は入院が必要な手術でしたが、現在は麻酔薬の発達により、覚醒の早い麻酔薬が使用されることによって外来での日帰り手術が可能になりました。それはうれしい!
当クリニックでは術後、暫くお休み頂き、医師の許可後、帰宅していただいております。
 
次回は当クリニックでもおこなっているレーザー治療についてお話しします。

投稿者 ikumei : 10:55

2005年07月22日

治療法

おはようございます。
今日も良い天気ですね?そう昨日スーパーに買い物にいったんです。そうしたら梨が売ってたんです。もう夏ですよね?私大好きなんです。でもまだ高いですよね?早く安くならないかなぁ~。。
さあ今日も元気に発信です。

昨日の続きです。下肢静脈瘤の治療法の中から硬化療法についてお話しします。
・硬化療法
静脈瘤内に血管を固める特殊な薬剤を注射したあと圧迫ストッキングや圧迫包帯で圧迫して、静脈瘤を癒着、硬化(壁と壁をくっつける)させ消失させてしまう治療法です。はい!硬化療法だけで静脈瘤が治療できればよいことですが、なかなかそういうわけにはいきません。そうなのかぁ?どんな静脈瘤でも硬化療法で治せるとはいえず、また、かなりの治療技術がないと合併症が起こることがあります。どんな?
合併症として、静脈炎、色素沈着、皮膚壊死などがあげられます。
また再発率も高いのが欠点でもあります。

治療法は主治医とご相談の上お決め下さい。  

投稿者 ikumei : 10:57

2005年07月21日

治療法

おはようございます。
今日から学校は夏休みですね?だから電車がいつもよりすいていたのかなぁ?いいなぁ~でも宿題はいやだぁ…
今日も暑くなりそうです。水分はこまめに補給して、熱中症にならないように注意しましょうね?
さあ元気に発信です。

「下肢静脈瘤の治療法」は…
下肢静脈瘤の治療には圧迫療法、硬化療法、手術療法があります。それぞれの治療には利点と欠点があるので、症状、静脈瘤の程度、かたちによって使い分けることが大切です。
今日はこの中から圧迫療法についてお話します。
1)圧迫療法
弾性スットッキングや弾性包帯で脚を圧迫して静脈のうっ血や逆流を防ぐ治療法です。はい!足先を強く圧迫して、付け根の方を弱く圧迫するようにします。圧迫するだけで脚のだるさ・重さ・痛み・はとれ、皮膚の症状も軽くなる安全で簡単な方法ですが、効果が弾性ストッキングをはいている間だけで永続性がないのが欠点です。そうですかぁ!?
治療法は主治医と良くご相談の上お決めください。

投稿者 ikumei : 10:59

2005年07月20日

どんな人に?

おはようございます。
今日は曇り空で暑さも一段落ですね?一息です。。
東京の公立の学校は今日が終業式で明日から夏休みになります。いいなぁ~!
思い出がいっぱいできる夏休みになるといいですね?
さあここ両国あしのクリニックから元気に発信です。

【どんな人に下肢静脈瘤が多いのでしょうか?】
下肢静脈瘤のはっきりした原因はまだわかっていませんが、次のような人に多いようです。
・女性の頻度は高い
・30歳以上に出産経験のある人
・立ち仕事に従事している人(調理師、理容師、教師、看護師など)
・血縁者に静脈瘤がある人
・妊娠中の人(ホルモンの影響や大きくなった子宮が静脈を圧迫するので静脈瘤ができたり、悪くなったりします。多くの場合出産後によくなりますが、妊娠を繰り返すたびに治りにくくなり、症状もだんだんおもくなります)
などがあげられます。
心当たりの方はいますか?

投稿者 ikumei : 11:00

2005年07月19日

症状

おはようございます。
梅雨あけましたね?連休中暑くて暑くて外に出たくなかったです。
暑さはこれから…暑いの苦手な私には辛い季節ですが。。。睡眠をよくとり、水分補給もしっかりして夏バテしないようにがんばりましょう!
さあ今日も発信します。

最近脚が…
だるい・重い・疲れやすい
むくむ・つりやすい
血管が浮き出ている
痒い・痛い
こんな症状ありませんか?う~んあるかな?
症状がある方はもしかして…下肢静脈瘤の可能性があります。
下肢静脈瘤は、良性の病気ですが治療をしないと徐々に進行してゆく病気です。あまり悪くしないうちに専門医の診察を受けたほうが良いでしょう。

投稿者 ikumei : 11:02

2005年07月15日

下肢静脈瘤とは?

おはようございます。
久しぶりの晴れです。気温も上がって朝から暑いまだまだ上がりそうですので夏日になりますよ!きっと…
もしかして…梅雨明けるかな?
さあ元気よく今日も発信します。

今日は以前にお話しした「下肢静脈瘤とは?」について再度お話しします。
下肢静脈瘤は脚の静脈の弁が正常に機能しなくなり、血液が逆流、うっ血を起こして脚の循環が悪くなる病気です。はい!
脚の静脈に血液がたまってしまうので、徐々に静脈は太くなったり蛇行したりします。最初は静脈が拡張・蛇行するだけですが、だんだんひどくなると、脚が重くなる、疲れやすい、張る、痛い、むくむ、脚つる(こむら返り)などの症状がでてきます。さらに重症になると脚の血液循環が悪いので皮膚炎を起こしたり、皮膚が茶褐色となり固くなってしまったり、最後には皮膚が壊死を起こして治りにくい潰瘍を起こしたりします 。
脚




自分の足を見てもしかして?と思ったら専門医の診察をお受けください。

投稿者 ikumei : 11:04

2005年07月14日

静脈弁

おはようございます。
今朝は小雨が降ってましたが、天気予報だと上がるみたいなんですが…どうかなぁ?そろそろ梅雨も明けると思うんですが?まだかなぁ?
さあ今日も発信します。

脚の血液はどのように心臓まで戻るのでしょうか?
血液は私たちの体内を循環しています。脚の静脈に入った血液は重力に逆らって足から心臓(上)に向かって昇らなければなりません。たいへんだ~!
脚の静脈には弁があり、この弁は血液の逆流を防ぎ、血液を常に上の方向に流す役割を持っています。すごい!?しかし静脈弁自身には積極的に血液を流す力はなく、血液を上の方に押し出すのは主に脚のふくらはぎの筋肉の役目です。そうなんだ~。。ふくらはぎの筋肉は第2の心臓ともよばれ、筋肉が収縮する時に、脚の静脈圧迫して血液を押し上げるのです。(筋ポンプ作用)。このように静脈弁と筋肉ポンプ作用が協調して働いてはじめて脚の血液は心臓まで運ばれているのです。わかりました!

投稿者 ikumei : 11:07

2005年07月13日

血液循環

おはようございます。
天気は東京は曇りですが皆さんの所はどうですか?
東京は今日も過ごしやすい一日になりそうですが…
さあ今日も元気に発信します。

今日は水曜日です。初診の方が予約なしに受診できる日となっています。受付時間はAM9:00~AM11:00までです。
下肢静脈瘤は脚から血液が戻って来られなくなってしまうために起こる病気です。はい!憶えています。
そこではじめに戻って今日は、「血液の循環」についてお話しします。
血液は私たちの体内を循環し、体の各部分に酸素や栄養を送ったり、また逆に各部位から二酸化炭素や老廃物を集める役割を果たしています。そうですね!この血液循環を担っている器官が血管で、血管には動脈と静脈があります。動脈は心臓から送り出された血液を全身に届けるパイプで、静脈は全身に送られた血液を心臓に戻すためのパイプです。
あなたの脚では、心臓のポンプ作用によって押し出された血液が動脈を通って足の隅々に送り出されます。血液は皮膚や筋肉などを通ってから静脈に戻って来ます。脚の静脈に入った血液は重力に逆らって足から心臓に向かって昇らなければなりません。その際、重要な働きをするのが静脈弁と脚の筋肉です。わかりました!

投稿者 ikumei : 11:08

2005年07月12日

花火

おはようございます。今日は曇り空ですね?
暑さも落ち着いているみたいで過ごしやすい日になりそう?そうなるといいなぁ~。。
さあ今日も元気に発信です。

7月も中旬になりますが…来週から学校は夏休みになりますね?皆さんはどこかに旅行とか行かれますか?私は…
7/30(土)は、隅田川の花火大会ですよね?待ってました!

入り口


当クリニックは6階建ての建物なんですが…昨年ここの屋上から花火を見た人がいるんです?だれだ!!
その人の話によると2会場から花火が打ち上げられているそうなんですが、ここの屋上からだと1会場はマンションの影で見えないそうなんですがもう一は見えるそうなんです。うれしー。






そ・こ・で今年は屋上から花火を見ま~す。

江戸




こっちの方向かな?お天気だといいなぁ~
スタッフと楽しい時間過ごすぞ!




結果は後日お知らせします!

明日は水曜日!初診の方診察日です。受付時間は午前中の9:00~11:00までとなりますお間違えのないようにお願いします。

投稿者 ikumei : 11:09

2005年07月11日

オリエンテーション

お久しぶりです。
先週の水曜日からお休みを頂いていたので、ブログもしばらくお休みしていました。すみません。。実は身内に不幸があり東北まで行ってましたので…嫌ですね?…悲しいですね?…お葬式は。。
さあ気持ちを入れ替えてここ両国から発信です。

以前にもご案内した、「オリエンテーション」についてお話しします。
毎週木曜日に、ここ両国あしのクリニックの6階で10:00から、看護師による説明会を行っています。一日の人数に定員があるため、予約制となっておりますが、今月はすべて満員となってしまいました。すみません。。実は8/4も満員になってしまいました…混んでるんです当日は、「下肢静脈瘤」についてのスライドや治療方法、当クリニックの説明等を行っています。全体での説明終了後、希望者には個別にお話しする時間ももうけてあります。
診察の予約も大変混んでいて、患者様にはご迷惑をおかけしています。すみません。。
 
オリエンテーション開催日は随時公開いたしておりますので、ホームページやお電話でお確かめの上お申し込みください。

投稿者 ikumei : 11:15

2005年07月05日

弾性ストッキング?

おはようございます。
雨上がりましたね?青空も少し見えてきましたし暑くなりそうですよ!いやだよ~。。
さあ今日も発信です。

なぜ弾性ストッキングが有効なのか?
弾性ストッキングにより、筋ポンプ作用がいっそう効率的に働くようになり、静脈・リンパの還流がよくなります。また筋肉が強く圧迫され、血管を圧縮する力が大きくなり、筋ポンプ作用が増強します。それはいい!
弾性ストッキングは、筋肉に囲まれている深部静脈に働くだけではなく、表在静脈の還流もよくします。ストッキングをはくことにより、皮膚の外側にもう一つ筋膜ができたと同じことになります。つまり弾性ストッキングを使うことにより、深部静脈ばかりでなく表在静脈においても筋ポンプ作用の働きが増強されます。すごい!!
ですから、大切なことは…
1)医師の指示に従って、自分の症状に合った圧迫力のものを着用すること!
2)できるだけ毎日着用すること(医師の指示通り)
以上のことに気をつけてご使用ください。
 
明日7/6(水)より、午前中の初診の受付時間が変更になります。9:00から11:00までとなりますのでお間違えのないようにお願いします。

投稿者 ikumei : 11:17

2005年07月04日

日常生活

おはようございます。
今週は雨のスタートです。この雨も明日まで続くようですが…西日本では大雨になっているようですので、気をつけてくださいね!
さあ今日も元気に発信です。

下肢静脈瘤の患者さんにとって、症状を軽減させ、また病気の進行を防ぐためにも、日常生活の過ごし方が非常に大切です。その基本はいかに足に静脈血をうっ滞させないか、溜まった血液をいかに早く解消させるか、ということにあります。
詳しくお話しすると…
(1)長時間立位を避ける
長時間立っていたり、長く椅子に座っていると血液が足にうっ滞してきます。立ち仕事をやっている人たちには、1 時間仕事をしたら5分から10分、できたら行儀が悪くても足を高くして休憩をとるようにしてください。できるだけ長時間の立位や飛行機の中などでもなるべく同じ姿勢をお避けください。
(2)就寝時には下肢を高くする
足のうっ血を減らすためには、あしを上げることが効果的です。夜、寝るときには足を少し心臓より高い位置(15cmぐらい)にあげて寝るようにしてください。
(3)弾性ストッキングを使用する
弾性ストッキングをきちんとはくことが非常に大切です。
(4)患肢を部分的に強く締め付けない
局所的にゴムバンドやガードル、サポーター、包帯などで強く締めますと、その下がよけいにうっ血し、浮腫が強くなります。
 
以上のことを日常生活で注意してください。

投稿者 ikumei : 11:18

2005年07月02日

ストッキング

こんにちは。今日は曇りで、梅雨の中休みですね?
気温はどうなのかなぁ?外に出てないんでわからないなぁ~。。
さあ今日も元気に発信です。

あっという間に7月になってしまいました。ほんとだ~!!
暑さ本番に近づいてきましたが、ここ両国あしのクリニックのストッキングの販売にも変化がでてきたんです…。
そ・れ・は…
やはり、暑くなると弾性ストッキングをはいていると、通常のストッキングより厚みがあるので、あしが暑くてむれてしまうという方が大半なんです!
でも治療の為にははかなくてはいけない。う~ん困ったと思っている方が今の季節になると、今までパンティストッキングタイプやストッキングタイプだった方がハイソックスタイプに変更するので窓口でも郵送でも商品の変化がでてきているんです。そうなのかぁ!?
また冬になるとこの逆の現象がおきるんですが…
以前スタッフの体験レポートを紹介した時、「もう少し薄手のものがあれば良い」という意見もありましたが、これからどんどん商品が開発されて夏でも心地よくはける弾性ストッキングができたら良いと思います。そうですね!

投稿者 ikumei : 11:19