下肢静脈瘤あれこれ情報 東京都 下肢静脈瘤 治療:下肢静脈瘤について東京 両国あしのクリニックからの情報発信

メイン | 2005年04月 »

2005年03月31日

オリエンテーションⅡ

おはようございます。
今日?桜の開花宣言、発表なりますかねぇ。。個人的に桜は大好きなんで楽しみなんですが‥‥外は花粉がつらいです。

昨日のブログにコメントをいただきました。うれしい!ありがとうございます。
《続き》さんからのご質問
集客・運営のヒントは?
集客は特にはないんですが、当院は予約制となっている為初診の方がお電話で予約される場合日程がだいぶ先になってしまいます混んでるんだぁ!そこで、予約なしで受診できる水曜日の午前中(外科の医師)による鑑別診断かオリエンテーションの参加のご案内をしているんです。
オリエンテーションに参加することにより病気への不安、疑問が解消できればと思ってご案内しています。
オリエンテーションをどのようにするかにもよりますが、当院のように個別でお話する時間を設けると人数にも制限がありますし、予約も必要となります。ふんふん。。特に個別での時間を設けなければ人数の制限も予約も必要ないと思います
 
《にゃんにゃん》さんからご質問
治療法の違い、料金について説明はありますか?
オリエンテーションの中でスライドで説明します。その後個人でお話する時間も設けてありますのでその中で質問していただければご説明します。
 
じつは、今下肢静脈瘤のオリエンテーション中なんです。チョッと覗いてきます。

投稿者 ikumei : 01:09

2005年03月30日

オリエンテーション?

おはようございます。
朝から暖かいんですが‥花粉症の私にはつらい。。薬も飲んでいるのに目鼻も顔ももグチャグチャです助けてなにかいい対処法はないですか?アドバイスありましたらお願いします。
さて、気持ちを切り替えて今日も元気に発信します。

ここ両国あしのクリニックでは、下肢静脈瘤とリンパ浮腫治療希望の患者様にオリエンテーションをおこなっています。
2aad7ef5.jpg



オリエンテーションでは、初診前の方に治療方法や療養の仕方などをスライドや写真を使い経験豊かなスタッフがわかりやすくご説明します。



最後に一人一人とお話をする時間を設けてありますので病気の事、治療法、当医院の事などご質問、ご相談ください。
診察とは違い、当医院の6階研修会議室でおこなっています。下肢静脈瘤は毎週木曜日、リンパ浮腫は隔週金曜日の10時からで予約制となります。日程等変更の場合もありますのでホームページやお電話でお確かめの上お申し込み下さい。はい!
じつは私も参加したことがあります‥‥下肢静脈瘤のことをよく知らなかった私でも理解できるわかりやすい説明でしたので是非ご参加ください。

投稿者 ikumei : 01:11

2005年03月29日

日常生活での心がけ!

おはようございます。
朝から花粉と格闘している私ですが今日も両国から発信します。

下肢静脈瘤は日常生活でどういうことを心がけるといいのでしょうか?
それは、脚のうっ血が起こらないようにすることです。
その為には
(1)長時間じっと立っていたり、座り続けることはできるだけ避けること。
・正座はできるだけ避けましょう。脚がだるくなったら短時間でも横になり、脚を心臓より高くできれば理想的です。
(2)適度の運動を心がけてください。
・静脈瘤があるからといって脚を使ってはいけないわけではありません。散歩、水泳、自転車に乗るなど適度の運動はかえって静脈の流れを良くします。
(3)脚を清潔に保ちましょう。
・静脈瘤があると皮膚の循環が悪く皮膚炎などを起こしやすくなります。
(4)太りすぎに注意しましょう。
・肥満は静脈瘤を悪化させます。
(5)寝るときは脚を高くして寝ましょう。
・布団など膝の下まで入れるようにして15~20cm高くしましょう。
(6)弾性ストッキングを着用しましょう。
・弾性ストッキングは足首部の圧迫力を最大に脚のつけ根に向かって弱くなっています。脚に合ったストッキングを毎日きちんとはきつづけることが大切です。医師や看護師の指示に従って自分に合ったストッキングを選びましょう。
などがあげられます。
下肢静脈瘤にはいくつかの治療法がありますが!日常自分でできる予防も行なってみてください。

投稿者 ikumei : 01:14

2005年03月28日

どんな人がなりやすいのか?

おはようございます。
外はあいにくの雨ですが今日も元気に発信します。

今日は、どんな人に静脈瘤が多いかお話しします。
静脈瘤のはっきりした原因はまだわかっていませんが、次のような人に多いようです。どれどれ。。
*30歳以上の出産経験のある女性
*立ち仕事に従事している人(調理師、美容師、教師、看護士など)
*血縁の人に静脈瘤がある人
*妊娠中の人
静脈瘤の弁不全となる原因あるいは誘因ですが‥‥。
最も多いのは妊娠と、立ち仕事です。女性の場合、妊娠するとホルモンの影響で血管の伸展性が増し、静脈はふくらみやすくなります。そして子宮が大きくなると腹圧が高くなり、また静脈が直接圧迫されることもあって、下肢の静脈圧は上昇します。周囲を筋肉につつまれていない表在静脈はそのため拡張し、弁も広がります。そして弁が静脈圧の負担に耐えられなくなると弁不全が起こります。うんうん。。
立ち仕事の人が静脈瘤になる原因の理由は以前にお話した通りです。一ヶ所にじっと立っているような仕事はとくに悪く、たとえば調理師さん、看護士さんといった職業の人は静脈瘤になりやすいわけです。
このほかに太りすぎ、下肢のけがなども静脈瘤の誘因と考えられます。
お産をしたからといって全ての女性が静脈瘤になるわけではなく、また長時間たち仕事をしていてもならない人もいます。つまり、静脈瘤の発生には生まれ持った静脈の弱さも大きく関与しているわけです。そうか!!
自分の脚を見てみてください?もしかしてと思ったら専門医の診察を受けてください。

投稿者 ikumei : 01:17

2005年03月26日

脚の血管と静脈瘤について!

おはようございます。
今日は、脚の血管と静脈瘤についてお話しします。
血液は心臓から動脈を伝って脚のすみずみまで流れ、皮膚や筋肉などを通ってから静脈へ戻ります。心臓への帰り道である静脈の中の血液は、重力に逆らって心臓へ、下から上へ昇らなければならないのです。うんうん。。
しかし、静脈の血圧は低いため血液の圧力だけでは上に昇りきれないんです。
そこで、静脈の弁とふくらはぎの筋肉が大切になります。脚の静脈には多くの弁があり、血液の逆流を防ぐことで常に血液を心臓に向かって流しています。血液を上へ押し出すためにはふくらはぎの筋肉が重要で、この筋肉が収縮すると脚の静脈は圧迫され、弁と協調しながら血液を心臓まで運ぶんです。がんばってるんだ!!
 しかし、静脈の弁がきちんと閉じなくなり、血液が逆流してしまうのが静脈瘤です。えっ !
脚の静脈に血液がたまってしまうので、だんだん静脈は太くなったり蛇行したりします。はじめのうちは静脈が拡張・蛇行するだけですが、ひどくなると、脚が重くなる・疲れやすい・張る・痛い・むくむ・つる(こむら返り)などの症状がでできます。
重症になると脚の血液循環が悪いので皮膚炎を起こしたり、皮膚が茶褐色となり固くなってしまったり、最後には、皮膚が壊死を起こして潰瘍になることもあります。静脈瘤の中でうっ血が起こり血液がなかなか流れないので、血液が固まって静脈瘤が腫れて痛くなることもあります。これを血栓性静脈炎といいます。静脈瘤の症状は一般に長い時間立っていた後や夕方に悪くなりやすいです。そうなのかぁ!!

投稿者 ikumei : 01:19

2005年03月25日

弾性ストッキングとは?

おはようございます。
空を見上げると気持ちにのいい青空です。でも風が、花粉が‥
今日も元気にここ両国から発信します。

弾性ストッキングについてお話します。
以前少しお話ししましたが、弾性ストッキングは下肢静脈瘤の治療法の圧迫療法・硬化療法の補助・手術療法の補助などで使われます。
弾性ストッキングにはパンストタイプ・片脚用・ハイソックスといくつかの種類があり、圧迫力も弱圧・中圧・強圧と分かれています。一番多く使用されるのは弱圧タイプです。
圧力で比べてみると
弱圧‥‥20~30mmHg
中圧‥‥30~40mmHg
強圧‥‥40mmHg
になります。圧力がある為、慣れないうちは、はくのにも一苦労です。う~ん。。
患者様のなかには、「弾性ストッキングをはくと脚に血が行かなくなって、かえって脚に悪いのでは?」と心配される方がいらっしゃいますが、この点は心配いりません。よかった!    
弾性ストッキングは、足首から大腿部に向かって、上にいくほど圧が弱くなるように作られています。一般のものに比べ丈夫に作られているので、丁寧につかえば3ヶ月位いもちます。
圧迫力は、症状や治療目的に応じて選んで使用してくださいね!
 
*弾性ストッキングは医療用具のため、からだに合ったサイズの選択や圧力選定がとても重要です。はじめてご購入される場合は医師の診察を受けてからのご購入をお勧めします。

投稿者 ikumei : 01:21

2005年03月23日

血管外科とは?

おはようございます。
外は、今にも雨が降りそう天気ですが。。
ここ両国から今日も元気に発信します。

みなさんは外科の中に“血管外科”があることをご存じでしょうか?
「知らない、どんな病気を治す科?」と思われるでしょう。中には「白血病とか血液の病気を治すのですか?」といわれるかたもいます。そうだよね!
確かに血液と血管は密接な関係にありますが、血液は手術をすることはできないんです。“血管外科医”は血液を流すパイプである血管の病気を治療しているんです。ふ~んそうなんだ!!
動脈硬化や血栓により動脈がつまってしまったり、逆に膨らんで瘤を作ってしまったときに、つまったところを掃除したり、血管を取り除いて人工血管に入れ換えたりするのです。
“血管外科”で扱う多くの病気の中で一番ポピュラーなのが《下肢静脈瘤》です。しかし今まで世間ではあまり知られていないのはなぜなんでしょうか?それは、血管外科の専門医の絶対数が少ないことがあげられると思います。
自分の足があれ?下肢静脈瘤かなぁ?と思ったら専門の血管外科に受診をおすすめします。

投稿者 ikumei : 01:22

2005年03月20日

当医院のスタッフ

おはようございます。
今日は春分の日・祭日ですが皆さんはお休みですか?
当医院は本日も診療を行なってます。しかし予約制です‥
では元気に発信します。

今日は、当医院のスタッフを紹介します。
実は昨夜スタッフの親睦会をしたんです鍋を囲みながら‥わいわいがやがやと楽しい時間を過ごしました。
女性のスタッフが多い職場ですので‥‥
その中で一人ご紹介します。
両国あしのクリニックは、専門外来で下肢静脈瘤とリンパ浮腫の診察を行なっています。
リンパ浮腫のスタッフの中に女性のスタッフが一人います。
いつも元気ではきはきとして笑顔で接してくれるMさんです。
あんなに細い体なのに!!どこにあのスタミナがあるんだ?といつも思ってる私ですが、実は彼女タフなのかも?患者様に喜ばれるマッサージ‥わたしもしてほしなぁ?丁寧に指導するバンテージのまきかた‥等々
患者様のお話を親身に聞いてくれるスタッフです。
なかなか足の付け根のマッサージだと男性だと抵抗のある方もいると思います。そこで彼女の登場です!
もしかして?私の足のむくみ?と思われたら是非ご相談下さい。
今日はここまでです。次回はどんなお話を。。

投稿者 ikumei : 01:24

2005年03月19日

治療法4

おはようございます。
朝から鼻が目が大変‥花粉がすごい!
でも元気に両国から発信します。

前回のお話しに、わんこっこさんとみーちゃんさんから質問をいただいた『血管はどうなるんですか?』にお答えします。
血管は年月と共に体の中に吸収されて、なくなるんです。
わかりますか?そうそう「つぶされた血管さん」ありがとございました。
では、今日は、最新治療法のレーザー治療についてお話します。
レーザー治療(エンドレーザー法)は、細いレーザーファイバーを静脈の中に入れて中から血管を焼いてしまう方法です。え~焼くの?
静脈の中に細いカテーテルを挿入しレーザー光の熱で血管を閉塞させてしまう血管内治療です。今までの手術とは異なり局所麻酔でほとんど傷がなく、短時間で静脈瘤の治療が可能です。
しかし、レーザー治療を受けることが難しい方がいます。
1.ふとももの静脈が曲がりくねっている方
2.ふとももの静脈が皮膚に近い方
3.局所麻酔にアレルギーがある方
です。みなさんはどうですか?

残念ながらこの治療は現在保険診療で行なうことができない為、自費診療となります。そうなのかぁ!!
下肢静脈瘤にはいろいろな治療法があります。治療の内容を良く理解したうえで、患者様が一番納得できる治療をお選びください。
じつは、今日からレーザー治療がはじまります。くわしいお話は後日あらためて‥お話しします。
何か、ご質問等ございましたらお気軽にメール、電話でおたずね下さい。

投稿者 ikumei : 01:26

2005年03月17日

治療法3

今日は雨が降るみたいですね?
暖かいのに残念です。
気持ちを切り替えて元気に発信します。

さて、今日は手術療法の中からストリッピング手術についてお話します。
小さな皮膚切開から拡張したり瘤化した静脈を抜き取る手術です。
悪い静脈を切除してしまうので再発率が低く、治療成績も安定しています。外科の手術としては軽く危険の少ない手術ですが、やはり入院したり、全身麻酔や下半身麻酔をかける場合もあります。やはりこの治療法にも長所・短所があります。
《長所・短所》
長所‥‥治癒率が高い
短所‥‥神経障害・入院が必要な場合がある・全身、下半身麻酔・傷跡が残る・術後しばらく皮下出血がある
などが一般的にあげられます。

当医院では、昨日お話した硬化療法とストリッピング手術を組み合わせることで日帰り手術を行なっています。
手術は約40分位で、術後は約30分ほど休んでから帰宅していただきます。
へ~!!
・症状に合わせて様々な治療を選択できるようになりました。専門の血管外科を受診し、最適な治療法を選んでください。

今日は、ここまで。。次回は?

投稿者 ikumei : 01:28

2005年03月16日

治療法2

おはようございます。
ぽかぽかして暖かい朝です‥(でも花粉症の私にはつらい)
今日も元気に発信します。

今日は硬化療法についてお話します。
本来なら抜きとってしまうべき静脈の中に硬化剤と呼ばれる薬を注入し、静脈の内側の壁と壁を互いにくっつけてしまったり、血栓をつ
くって詰めてしまう方法です。 う~んそうなのか!!
硬化療法だけで、治療ができればとても良いのですが、なかなかそういうわけにはいきません。残念。。
この治療法は一見簡単そうですが、実はとても技術と熟練を要し、その技術差が治療結果に著しく反映する治療法なのです。
治療回数は症状により違いますが、軽い方で一回から二回程度で重症度によっては十回以上の治療を要することもあります。
《長所と短所》
長所‥入院不要・傷跡が残らない
短所‥静脈炎・色素沈着・皮膚壊死・再発率が高い・治療回数が多い
などがあげられます。
当然ですが、医師の診察を受け治療法の選択をしてください。
今日の話しは難しかったですか?
次回はまだまだある違う治療法についてお話します。

投稿者 ikumei : 01:30

2005年03月15日

治療法1

おはようございます。
今日も元気に両国から発信します。

今日は、昨日お話した治療法の中から圧迫療法についてお話します。
圧迫療法とは、弾性ストッキングや弾性包帯で脚を圧迫して静脈のうっ血や逆流を防ぎ血流を促進する治療法です。
圧迫するだけで脚のだるさ・重さ・痛みはとれ、皮膚の症状も軽くなる安全で簡単な方法ですが(但し個人差はあります)効果が弾性ストッキングをはいている間だけで永続性がなく、圧迫感がある欠点もあります。
ここで使用するストッキングは、医療用の特殊な物なので医師の診察を受け自分に一番合うサイズ・圧迫力のものを選んでください。
圧迫療法は硬化療法や手術療法を行うときも術後に必ず一緒に行い治療効果をたかめる基本となる治療法です。わかりましたか?
(う~んストッキングを着用することで血液の環流促進に役立つんだ)
ストッキングもいろいろな形があり状態に合わせて選ぶことができます。
今日はここまで!次回は別の治療法についてお話しします。

投稿者 ikumei : 01:33

2005年03月14日

担当交代です!

こんにちは。
1週間風邪でダウンして、今日から復帰しました。はじめまして!
私はこの仕事をして2ヶ月とまだまだ勉強中ですがよろしくお願いします。
では早速です‥‥リンパちゃんから質問いただいた『静脈の弁は再生しないんですか?』にお答えします。
残念ながら再生しないんです(あら!大変)
私も知らなかったんですが静脈の弁は大切なんです。

今日は静脈瘤にはどんな治療法があるのか?お知らせします。
患者様の症状等でさまざまですが
1.圧迫療法
2.硬化療法
3.手術療法
4.レーザー治療(保険適用外)
があります。
静脈瘤は急に命に関わることは稀ですが、痛みなどがあり不快な症状がともない徐々に進行し生活に不自由をきたす病気なんです。知らなかった!
もしかして?と思ったら専門医の診療を受けてください
(私の足は大丈夫かなぁ。。見てみなきゃ!)
次回はひとつひとつの治療法についてお話します。では!

投稿者 ikumei : 01:36

2005年03月12日

がんばるくん「静脈弁」

ce009970.jpg

今日は「下肢静脈瘤」についてどんな病気か簡単に勉強しましょう!
血管には大きく2つに分けて動脈と静脈があります。
動脈は心臓から送り出された血液を
各臓器に運ぶためのパイプラインです。
静脈は動脈と反対で血液を各臓器から
回収し心臓へ戻っていくためのパイプラインです。




動脈は心臓ポンプよって拍動し全身におくられます。
下肢の静脈は筋肉収縮運動(マッスルポンプ)によって心臓に戻されます。なんだか強そう!おっと、ハッスルじゃありませんからね!
要は足を動かしたり歩いたりすることです。
重力に負けて逆流しないか心配な人はご安心ください。
なんと、下肢静脈には逆流防止の「静脈弁」というものが多数ついているんです。(えー、びっくり!!)
しかし、この静脈弁が何らかの原因で壊れてしまったら・・・
あらら、大変。
そうです、逆流をおこして血液がうっ滞し膨らんでしまうのです。
これを「静脈瘤」といいます。
立ちっぱなしのお仕事してる人に多いのは、「静脈弁」が頑張りきれずにくたびれて壊れちゃうのです。
なるほど・・・
そういえば、ずっと立っているとむくんだりだるくなりますね。
他にも原因は色々あるみたいですが。

投稿者 ikumei : 01:38

2005年03月11日

さあ、一緒に勉強しましょう!

昨日に引き続き「下肢静脈瘤」について勉強しましょう。
あっと、そうそう私は誰かって?
自己紹介忘れていました。すみませんっ!
私は、日本ではじめての足の専門治療施設である「両国あしのクリニック」に勤務を始めたばかりのスタッフです。(看護師でなく普通のひとです本当です!)
先生や看護師さんに教わりながら勉強中の身です。
と、いうわけで教わったことをみなさんに発信していこうと思います。

どんな病気か説明すると専門的になってしまい分かりにくいでしょうから(もちろん私も難しいので説明できませんっ)
「どんな症状?」から簡単にいきましょう!
・ふくらはぎや太ももの内側の血管が浮き出てボコボコしている
・くもの巣のように細かい血管が浮き出てみえる
・足が重い・だるい・つりやすい(夜中など)・腫れやむくみがある
・足に湿疹やかゆみ・黒っぽく色がついた など
なーんて症状ありませんか?
もし、あるとしたら「下肢静脈瘤」を疑ってみてください!
軽い症状で痛みもなければ病気という意識がありませんので長い年月そのままにしておく人が多いそうです。
でも、病気だと思わずに痛みやだるさ、スカートが履けないとかで長い間苦しんでいる人も大勢るそうですよ。
なんと、30歳以上の女性の60%、50歳以上の男性で50%も認められるといる報告もあるそうです。
自分の足を出してよーく見てみましょう!

投稿者 ikumei : 01:42